ハミングバードの音楽とギター備忘録

ソロギター(Fingerstyle Guitar)の練習帳と音楽日記。

NAOTO Birthday Live 2023 - Half a century - @ 梅田クラブクアトロ(2023/08/13 ライブレポート)

ヴァイオリニストNAOTOさんのお誕生日は8月15日。大阪でのバースデーライブは久々とのことだけど、最近NAOTOさんのライブに通い始めたので、当然初めて伺うライブ。Birthday Liveではいつも自分の好きな事をやる!と決めているそうで、今回はたぶん人生初となる、完全1人のソロステージと云う企画を考えられたとのこと。バンドも弦楽隊もピアノすらなく、全部ヴァイオリンだけでライブをするなんて、ちょっと想像つかなかった。でも地元と云うこともあり、チケットは即ソールドアウト。抽選外れてしまってしょげてたら、機材席を開放してくださり追加席をゲットすることができて超しあわせ。しかも後ろの方の席かと思いきや、とても観やすくて、音もバランスの良い場所で感激。ありがたいことしきり。

 

黒のTシャツに黒のパンツと云うカジュアルな格好で登場。1曲目は「パッヘルベルのカノン」。この演奏が、今日のライブがどんな感じで進むのか、象徴していたように思う。ルーパーを使ってフレーズが重なっては消えていく。1人で演奏するために、その場で録音・再生して行くスタイル。バンドがいなくてもヴァイオリンの音だけでライブが成立するのは、すごく楽しい! 目の前で見ていても、どうなってるんだろう?思わされる音楽にワクワク!でした。

後にラジオで、このカノンはルーパーでフレーズを重ねて行くことが肝心だから、間違うと延々とそのフレーズが再生されてしまうので、めっちゃビビる!と仰られてました。想像しただけで恐ろしい(笑)。

 

その後は反対に、機材を使わず、正真正銘ヴァイオリン1本だけで演奏できる曲、NAOTOさんの最新アルバム『Get over it』の中から「Like a gigue」と、初期の曲「Etude for Children No.2 "Peace"」。NAOTOさんらしい、タッピングの音がアクセントになって、6/8拍子のワルツが気持ちいい曲と、クラシックスタイルの優雅な曲。両方無伴奏でヴァイオリン音楽の醍醐味のよう。NAOTOさんのこう云う演奏、延々と聴いていられるな~…と思う。Etudeの方はそんなに頻繁には演奏されないのかな? でもとってもライブで聴いてみたい曲だったので、めっちゃ嬉しかった! 相当難しい曲のようです…。

 

お次はカバー曲のコーナー。こちらも機材使わずヴァイオリンだけだったと思います。BTSの「Butter」と福山雅治さんの「家族になろうよ」。こちらもアッパーな楽しい曲と沁みる曲の対比が素晴らしく、どんどん引き込まれました。

 

(※言い訳ですが、この辺りからセトリがちょっと微妙!汗。この日に限ってペンを忘れて出かけてしまい、メモできず、必死に覚えて帰ったのだけど、自分の脳ミソの限界を感じました・涙)

 

1つ前のアルバム『Polyvalent』にも入っている名アレンジ!TM Networkの「Get Wild」から、ピアソラの「リベルタンゴ」、そしてオリジナル曲で気怠い雰囲気の中でハネるグルーヴと複雑な音の重なりがお洒落な「Spamogettie」と続き、機材も使いつつ、それはそれはカッコ良く重厚な音楽に浸ることができる流れ。この辺りになると、だんだんヴァイオリン1本で演奏していると云うことを、意識しなくなって来て、ただただ音楽として楽しく気持ちいいばかり。それってほんとに凄い!

 

続いて待ってましたの、オリジナル曲のたたみかけへ!

いつどこで、どんなメンバーで聴いてもカッコいい「Explore~改」は、NAOTOさんの手にかかれば1人でも勿論カッコいい! みんなで合唱する楽しさを味わわせてくれる「Remenber」でほっこり温かい気持ちに。 そして私的に、この日一番痺れたのが「Get over it」~「Make a Change」への流れ。フュージョンライクな曲はバンドの音があってこその良さかと思いがちだけれど、1人でもこんなに素敵なんだと思い知り、BPM高めの攻めたロックチューンは、もう絶対、誰もこれを1人でヴァイオリン1本で演奏してるとは思わせないカッコ良さ。「Make a Change」…ほんまたまらんかった。涙出そうなほどカッコ良かった。ヤバ! 本編最後はある意味この曲を聴くとみんな落ち着きますw 大ヒットキラーチューン「HIRUKAZE」でキレイに納まりました☆

 

アンコールはポップな曲ももちろん大好きだけど、やっぱりこの味わいこそヴァイオリンの醍醐味かと感じる、美しい「Sanctuary」。会場中、じーん…と感動しつつ、オーラスはこれもNAOTOさんらしさの一面・ゆったりポップな「Si-So♪ Dance」で楽しい雰囲気でライブが幕を閉じました。

 

たぶん、全部1人で演奏するって、準備もとても大変とは思うけれど、とにかくこのスタイルのライブ、めっちゃ楽しいです!ぜったいまた観たい!!そして沢山の人に観て欲しい!!! 聴こえて来る音が全部NAOTOさんのヴァイオリンの音だけって、興味深いし、ファンとしてはめちゃくちゃ幸せな体験。音を浴びて浸って最高でした。お誕生日の方から、びっくりするような素晴らしいライブ音楽をプレゼントしてもらい、本当にこのライブを観られて良かったなぁ…と思った。

そしてこんなライブをやろうと思いつき、考えて実現させてしまうNAOTOさんが本当に凄いと思う。なんとカッコいいこと。

NAOTOさん、Half a centuryの50歳おめでとうございます。素敵なライブ、ありがとうございました。これからもずっと攻めた生き方でカッコ良くいてください☆


追伸:今回のBirthday Liveシリーズのオリジナルグッズとして、フェイスタオルとNATOTOさんのアクスタ!が販売。わたくし、このタイプのアクスタ、初めてです…ドキドキ。まだ使いこなせておりませんが、写真撮るときなど、どんどん入れ込んで行きたいと思います! タオルもめっちゃ綺麗な色のデザインで大好き~。意味もなく部屋に広げてます♪ もうちょっと買っとくんだったと後悔。通販してくださーい☆

練習日記・2023/08/31と09/08

8月2回目のレッスンを、予定があって延期して頂いたために、9月1回目と1週間しか違わない感じになってしまい、練習はあまり進まないままのレッスン日を迎える。ソロギターの練習、1週間くらいではあまり進歩ないなぁ…って自分では思う。確実に弾けるようにはなってるんだろうけど、もっとじっくり時間かけて練習しないとねー。

 

…と言うことで、8/31は残業帰りのヨレヨレで、8/9に新しく頂いた課題曲「What a wonderful world」を譜読みしたのを、よちよち弾いてみてチェックしてもらった。12/8拍子でゆったりとアルペジオが主体のジャズっぽいアレンジ。弾いていてもゆらゆらしたノリがとっても気持ちいい。でも、コードがお洒落コード(7thとかM7th)ばかりなので、4和音を押さえることであったり、またその時の、各ポジションでの形(フォーム)を意識しながら弾くと、たぶんとっても勉強になる…はず。まだそこまでできないけど(汗)。メロディーが途切れないよう、キレイに鳴らしながら、今、何のコードを弾いてるのか?意識できるようになるといいなぁ。がんばる。
▼熊谷先生のお手本

youtu.be

で、8/31の時に、滞っているダイアトニックコードの代替を考えるアレンジのお勉強。ちょっと9月中に弾いてみたい曲があって、相変わらずの童謡だけど、先生が譜面持ってないか訪ねてみると、やっぱりお持ちでした!しかもCのキーのやつ!やった!
…と云うことで、印刷してもらいました。ほんの8小節。でもそれだけでも、苦手な私にはた~いへんでござりまする~。

1週間、夜な夜な眠い目を擦って、半分寝落ちしながらヨボヨボ進んで、なんとかコードをつけて、オタマジャクシを書いてみたものの、実際ギターで弾かないままレッスンに持って行くはめに…。それじゃぁダメよ、ダメなのよ。スコア作成ソフトで再生してみても、実際弾かないと、ギターでの音の響きもわからないし、運指やフォームが合理的かもわからない。で、レッスンでしっかりダメだしして頂き(ありがたや・合掌)、赤ペンで直して頂いて、自分が向き合わないといけない課題はよーくわかりました。

あとは、この日までに弾きたいなぁ…って期日に間に合うかどうかだけど、なんとか8小節だけでもがんばろう。お洒落に弾けるかなぁ~?

練習動画:「朋美の散歩」

今月もやって来ました月イチノルマの練習動画撮影。1ヶ月早いなぁ~。今年ももう9月で、あと3回動画撮影したら今年が終ってしまう。こわいこわい。そして相変わらず進歩も上達もなく、よくわからないモヤッとした壁が越えられないままの1年になりそう。やれやれ…。ま、続けることに意義がある、くらいの気持ちで頑張ってます。いつか光が見える日も来るさっ。(来るのか?!)

 

昨年から1年越しで、今年の8月には弾かせてもらおう!と練習していた曲。中川イサトさんが、ご令嬢の朋美さんに贈られたかわいらしい「朋美の散歩」。昨年イサトさんが亡くなられた時に、SNSで朋美さんと交流があり、その後もずっとギター弾き達のことを気にかけて下さるマドンナ。毎日Twitter(X)にイサトさんの曲を紹介して下さっていて、ずっと楽しく聴かせて頂いています。

そんな大事な朋美さんの曲ですが、難しいのです!!

ギター先輩がサラッと弾いてらっしゃるので、練習したらなんとかなるかなぁ…と、2ヶ月弱くらいを思ってたけれど、なんのなんの仕上がらない。譜読みも暗譜もわりとスムーズだったけど、キレイに弾けない。つまずいたり、ミスタッチしたり、違う音を押さえてしまったり…と、細かいところがとても難しいです。なので、この動画も盛大に間違っているけれど、弾き重ねるほど、握力がなくなってヨレヨレになってきたので、こちらでアップします。練習続けま~す。

 

なにはともあれ、朋美さん、お誕生日おめでとうございました!
来年はもうちょっとマシに弾けるように頑張ります!!

youtu.be

ROCKIN’ QUALTET 第6章@Billboard Live Osaka(2023/07/28 2nd Stage ライブレポート)

ヴァイオリニストNAOTOさんが率いる弦楽カルテットが、名だたるロックバンドのヴォーカリストを迎えて開催するロッキンカルテット。以前から面白そうだなぁ~と気になっていて、前回の第5章の頃、ちょうど押尾さんのラジオ番組「押しても弾いても」に、NAOTOさんがリモートか何かでゲスト出演されて、どんなライブなのか語っていたこともずっと印象に残っていて、次あったら観に行きたい!とずっと思っていた。

 

2017年の初演から今回で6回目、6人目の歌い手さんは、andropの内澤崇仁さん。予習した方が良さそうやなぁ…と、4月に公演が発表になってからandropの曲を聴き始めた。内澤さんの声は柔らかくて優しく、まぁるい感じ。歌い方も好きな感じ。でも、楽曲はバラエティに富んでいて、かなりアグレッシブでぶ厚い音の曲があったり、如何にもロックバンドと云うより、シンセとかサックスが入っていたりと、濃い音がしている。やさしいアコースティックなバラードはもちろん、この曲がほんとに弦楽カルテットで行けるんかなぁ?と、あまり想像が追いつかない曲も多かった。なので、あまりイメージを作り過ぎず、ぽけ~っと会場に向かってみて、1曲目からカルテットの音の鮮明度にパチンッ!と目が覚めた。NAOTOさんのオリジナル曲は攻めた感じのロックナンバーだけど、バンドスタイルやギターとのデュオとまた違った、弦だけの音が重なる凛とした音が気持ち良くて爽快。真っすぐにこちらに飛んでくるようなハーモニー。パワフルなのに端正。ヴィオラやチェロの、リズム楽器のようであり、ベースのようである活用も、カルテットでは凄い表現力なんだなぁと思った。何かと耳が行ってしまうチェロの低音と、意識できなくてもなんかいつも鳴ってるヴィオラの音は、あるのとないのとで曲の厚みが違って来るような気がする。

 

2曲目からいよいよ内澤さん登場。軽やかにフロアに入って来る間も、演奏されるちょっと切ない「Hikari」のような雰囲気の前奏曲に導かれてステージへ…。ドキドキして期待が高まる感じ。さぁ、何から歌う?と思ったら、この日のスペシャルドリンクの名前にもなっていた「colorful」。かなり複雑な展開をする曲だけれど、サビや大サビの盛り上がりが、弦楽にピッタリでドラマチックな曲。2台のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロそれぞれが、ハーモニー以外にもベースであり、パーカッションでありを担いつつ、バッキングが演奏されるのも、聴いていて楽しく、そして心地いい。続く「Tonbi」もドラマチックさがハンパなく、サビのコードの動きが四重奏で表現されると胸がキュンキュンする。はぁ~…とため息つきつつ、MCを挟んで次は明るく楽しい感じの曲が続いて、客席もみんなにこにこ・ゆらゆらと、和やかな雰囲気で進む。1st.ヴァイオリンのNAOTOさんは、パーカッシブにリズムを入れたり、ヴォーカルとユニゾンだったりハモったりで、色んな表情が味わえるプレイ。「Yeah!Yeah!Yeah!」ではコーラスも入れてて歌声まで武器にできるのはちょっと狡い。「Kitakaze san」でのカントリーフィドル風の弾き方も楽しい。「Rainman」のブリッジでの細かい音のフレーズがヴォーカルを引き立てるようであり、でも凄く弦楽的で耳に残る。

半分経過して7曲目からはピアノの呉羽さんも登場。四重奏+ピアノで、レンジが広がると云うより楽曲に高さが出るようで、よりいっそう歌が聞こえて来るような感じがする。

 

ロッキンではカバー曲のコーナーが必ずあるとのこと。今回は内澤さんが憧れていて、故郷から東京に出て来た時も、縁のライブハウスを選んで活動していたと云う、ACIDMANの曲。そのACIDMANの大木さんが、ロッキンの第1章のヴォーカリストでもあり、このライブの歴史と歩みを感じさせてもらえる選曲だった。内澤さんから語られるエピソードにも、そして真摯に向き合って歌っている姿からも、リスペクトが感じられて、「赤橙」を聴いてたらなんだか泣けて来てしまった。

そしてこの曲を聴けたことで、androp以外のロッキンの曲も、もっと聴きたいなぁと思った。その都度、そのバンドに合ったアレンジで、弦楽の雰囲気もきっと違うのだろうなぁ…と感じるので。

 

続く「Hikari」は壮大なバラード。ピアノが下支えする安定した音の上で、弦の音が色んな表情を付けて加えて、力強く優しいヴォーカルが歌詞の世界を伝えてくれる。そのまま更に切なく「Endroll」。ふと、自分が経験した色々な風景を思い出したりしながら、内澤さんの表現力にひっぱられ、NAOTOさんの旋律の美しさに胸が痛むほど。

歌と弦の作る異世界に連れて行かれて、呆然となった感じで本編終了。アンコールは観客も参加して、ハネた感じが楽しい「Supercar」。クラップしたり歌ったり盛り上がって、バンドじゃないけど弦とピアノでも、アガるノリがいいなぁ~と大満足でのエンディング。いやぁ…素敵やった。素晴らしかった。

 

プログラムが進むにつれ、内澤さんの歌の世界に入り込んでしまったけれど、歌がよく聴こえて来る…と云うのは、弦楽アンサンブルのアレンジが、とっても自然だからだと思う。途中から、ある意味ちょっと聴き流してしまうくらいに意識しなくなってしまい、ひたすら聴こえて来る音全てが心地いい・耳が気持ちいい状態になっていた。

内澤さんのヴォーカルは、優しく柔らかく伸びやかで、どこにも無理した感じがないのに、真っすぐこちらに飛んでくるような声で、聴き入ってしまう。でも、NAOTOさんに「テンポお化け」と言わしめるほどの、グルーヴ感と間の取り方…と云うか引っ張り方?それもまた気持ちの良い要因の一つかと…。

きっと、どんなヴォーカリストを迎えても、最高に美しく咲くようにアレンジできるのだと思うけれど、あれだけの演奏に負けないで、ちゃんと歌を届けられるヴォーカリストも凄い。そして、最高のプレーヤー達に取り囲まれるように舞台の中央で、ただマイクだけに向かうプレッシャーを楽しめる人も、選ばれると思う。内澤さんは間違いなく楽しんでた!

 

弦楽アンサンブルを聴かせて頂いて、単純にバンドの楽器を各パートに置き換えていると云うより、ハーモニーでバッキングを作り上げているようで、室内楽とは全く違う、ストリングスを使った稀有な音楽を聴いているようだった。バンドの音を、ここまで違う楽器で表現できるのってほんとに楽しいし、聴いていて面白い。

ロッキンカルテットを聴いていると、歌のないインストゥルメンタル音楽以上に、歌があっても器楽の力を感じることができて、こんなアレンジができるNAOTOさん&QUARTETの皆さんの表現力すげー!と思った。

 

初めてのロッキンカルテットだっただけに、目が行ってないとこ、耳が及ばなかったとこが多いように感じ、できたら日にちを空けて、2公演くらい観たいな~と思った。次回、第7弾は今回の反省点を踏まえつつ、もっと楽しみたいなぁ。

 

今回の第6章のレポートやセットリストなど、公式HPに掲載されていいます。

www.rockinquartet.net

 

9月23日に「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2023」と云うフェスに、歴代のロッキンのヴォーカリストが5人集結して登場とな!なんと!素晴らしい!
こんなの、やっぱりお互いがリスペクトし合ってないと、皆で集まろうってならへんよな~。きっとヴォーカリストにとってもロッキンのステージは、名誉なことであり、歌いたい場所なのだろうな…と。そう思わせる音楽を作り続けるNAOTOさんとカルテットの皆さんも最高にカッコイイ☆

solarbudokan.com

さらに11月12日には埼玉の「麦ノ秋音楽祭2003 #Seeds」にもロッキンカルテット登場!クラフトビール片手に青空の下で聴けるなんて…いいなぁ。

muginotokiongakusai.j

練習動画:「Summer」

毎月のノルマ、月イチでの動画撮影&せっかくだからTwitter投稿企画に参加!が今月もやって来た。ギター教室の課題曲として、4月に譜面を頂いてから、他の曲をやりつつ、ぼちぼちと練習を続けて来た。譜面を貰った時に確か先生は言いました。「そんなに難しくないですから…」と。ウソつきー!とすぐに思い知ることになる。めちゃんこ難しいやないかい。なんと云うか…指がフレットの狭い範囲に、折り重なるように押さえて動いて、さぁ大変。で、けっこう音数も多いので動きも早い。先生はもうちょっと早いテンポで弾いてるけど、私はこの9割くらいのテンポがやっとかな…。

 

で、いかに難しいかと云うのは、つい先日の、先生の一言でよく分かった。先生、この曲のことを「基本動作の確認が詰まった曲なんです」と仰られました。ようは試されてたんですね~、いや~…そう云うことは先に言ってくださーい! で、そう云う視点になってから、より一個一個の動作を丁寧に感じてみることができるようになり、ちょっとはマシな練習ができるようなりました。でもまだまだ練習不足です。ゆっくりのテンポで弾いていても、セーハがきれいに鳴ってなかったり、メロディーを取り損ねたり…。引き続き練習しかない。

youtu.be

でも数か月前に、やっぱり暗譜して動画撮影に挑まないとなぁ…と思っていたので、そこは前回の「黄昏」に続き、ビデオまわす段階では暗譜できていたので、良かったなと思う。後は忘れないように、そして、人前で弾けるように…、練習を続けるのみ。

あと反省点は、今回、熊谷先生の模範演奏はさんざん聴いたり、音源と一緒に演奏したりしたけど、肝心の久石譲さんの原曲を全く聴かなかった。カバーなのにこりゃいかん!と後から気付いた。これは今後の課題です。YouTubeで聴いた、久石さん公式のオーケストラが入ったバージョン、めっちゃ綺麗やなぁ~…。うっとり。

youtu.be

色々とほんとに練習になる曲でした。熊谷先生、ありがとうございます! 

※熊谷先生の模範演奏

youtu.be